明日葉の青汁

明日葉の青汁

明日葉の青汁

明日葉

明日葉(あしたば)は伊豆諸島八丈島原産のセリ科の植物で、別名八丈草(はちじょうそう)ともいいます。

 

伊豆諸島のほか、伊豆半島、三浦半島、房総半島にも自生し、最近は紀伊半島にも移植されています。

 

明日葉という名前は、この植物の発育がとても早く、「夕方に葉を摘んでも明日には芽が出る」くらいだと言われることに由来します。(但し、実際にはその言葉どおり翌日芽が出ることはないことは言うまでもありませんが)

 

 

同じ明日葉でも、生育する場所によって少しずつ違っていて、伊豆大島などのものは茎の色が赤いのに対して、八丈島のものは茎が青く、また大きさも大きく、より生命力があるといわれています。

 

 

明日葉には利尿作用や強壮作用があり、ミネラルやビタミンも豊富です。そのため、最近は青汁を含む健康食品として様々なところで利用されています。

 

明日葉の茎を切ると黄色くてとろりとした汁が出てきますが、この汁の中に明日葉に特徴的な成分、すなわちカルコンやクマリンが含まれています。これらの成分には抗菌作用があり、中国の古い記録にも薬として用いられていたと記載されています

 

また、枯れる前に掘り起した根は薬用として朝鮮人参の代用品として利用されているそうです。

 

 

明日葉を主原料とした青汁としては

 

ふるさと青汁

 

めぐりごごち 楽・月・花

 

などがあります。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ