大関の青汁体験談

大関の青汁体験談

大関の青汁の体験談(感想レビュー)

ネットで見つけた「大関の青汁」というのを試飲してみましたので、
レポートしたいと思います。

 

「大関」というと、相撲はさておき、ノンベエの方なら「ワンカップ大関」が頭に浮かんでくるんじゃないでしょうか?(笑)

 

そう、この「大関の青汁」は、あの有名なお酒のメーカーが作ってるんですね。

 

なので、お酒メーカーならではの特徴があります。

 

それは酒粕を二段発酵してつくられる「プロファイバー」という物質が含まれていることです。このプロファイバーは食物繊維と同様に消化器官をお掃除する役割を果たすほか、体内の余分な脂分を吸着して体に吸収されにくくするという効果もあります。

 

その他にも、乳酸菌、ビフィズス菌を生きたまま(生菌として)配合しています。
それぞれ10億個入っているらしい。10億個といわれても、私には全くイメージがわかないけれど(笑)。

 

 

能書きはこのくらいにして、早速レポートに行きますね!

 

 

大関の青汁を飲んでみました。

大関の青汁には、10本入りで送料込980円というトライアルセット(お試しパック)があります。
今回はそれを注文しました。「栄養補助食品」の表示もあります。
大関の青汁トライアルセット

 

中に入っているのはこんな感じのやや平べったいスティック。
大関の青汁スティック

 

スティックの端を切り、中の粉末を出してみました。
写真の取り方が悪くてわからないかもしれませんが、やや暗めの緑色の粉末の中に、白い粉末も少し混じっています。乳酸菌かビフィズス菌かな?
大関の青汁粉末

 

いよいよお水で溶かしてみます。粉末のときよりも鮮やかな緑色になりました。
大関の青汁

 

粉末は決して溶けやすい方とは言えません
これを飲んだのは冬の終わり、春のはじまりの頃ですが、冷水で溶かしたらやはりカップの水の境目あたりに粉が結構くっついていましたから。といっても、スプーンでかきまざしながら飲めば、全く気にならずに飲めます。

 

味は、抹茶風味が結構強いです。
原材料の中には「緑茶」と書いてあるから、これの味かな?
お茶の好きな人なら、凄く飲みやすいと思います。

 

これを飲んだ時、私はちょっと風邪をひいていたんですが、
数日間のみ続けると、体調がよくなって風邪も直りました。

 

そういや風邪のときって、消化の良いものをとろうということで、うどんとかお粥とかばっかり食べてましたから、やっぱり栄養バランスがよくないんでしょう。そういう時に青汁を飲めば、
ビタミンなどもしっかりとれて、体の調子もよくなるんでしょうね。

 

あらためて青汁の有り難みが分かりました。

 

 

ちなみに、大関の青汁を定期購入すると、1箱30本入りの製品が毎月送られてきます。
料金は1箱3024円、送料は無料です。

 

青汁の主原料は大麦若葉(島根県)とクマザサ(北海道)です。
これに、大関独自の成分「プロファイバー」(R)、そして乳酸菌、ビフィズス菌などが入っています。

 

定期購入せずに単品購入もできますが、その場合は値段が高くなるだけではなく、送料もかかってきますのでお奨めできません。
大関はさすが有名企業らしく、定期購入の解約もいつでもできますので、定期購入しない理由はないと思います。

 

大関の青汁
大関の青汁

 


ホーム RSS購読 サイトマップ